私のキーボードのセッティングについて。

こんばんは。

今日は私のキーボードのセッティングについて、書いてみたいと思います。

私の身長は175Cmです。
ライブで楽器のセッティングを行う時に何時も困っている事があるのですが、市販されているスタンドの殆どが、私の身長に合わないんですね。
どれ位合わないかと言うと、単純に10Cmは低いのです。

現在、使用しているスタンドはこんな感じ。

Roland KS-16+KS-ST16
11-721043100_2.jpg
HERCULES STANDS / KS210B
HERCULES617717_2.jpg

しかし、これだけでは高さが足りない為、更に発泡スチロール製のブロックで10Cm程、底上げしています。
ホームセンターなどで一個200円程度で購入出来ます。
handsman_6147356.jpg

5月のライブ時の写真。
(Photo By jojo-San)
10408627_10206444221004872_1371933808615258135_n.jpg11168080_10206444221084874_2155659504871346193_n.jpg

2枚目の写真にブロックが写っていますが、実際には本当に高い位置になります。
昨日実際に計ってみたのですが、下段の鍵盤の位置は約115Cm、上段約135Cm辺りでした。
ちなみに、私はKorgの回し者ではありませぬ。

参考までに、ライブのMCシーンのショット。(Photo By jojo-San)
11159897_10206444237685289_8100533817655695403_o.jpg

よく見てると、かなりの高さがある事か判ると思います。

では、「何故、この高さなの?」かと言いますと、私の場合、手首を傷めやすい為、極力平行に近い位置で弾くようになったからです。
余談ですが、私はパソコン用のマウスで腱鞘炎になった事があるので、かなり昔からトラックボールを使用していますが、鍵盤の位置が定まっていなかった頃も同様に腱鞘炎になりました。
当たり前の事ですが、そんな事も気にせずに演奏していたので、直るまでにかなり時間がかかった事になります。
その後は、どんどん高くなって、現在に至りますが、腱鞘炎になった事はありません。

しかし、今でもX型のスタンドを使う時は、一番畳んだ状態で使う事が多いのでとても苦労します。
持って歩くにしても、鍵盤系のアクセサリーはどれも大きいし重いので、本当に困りますね・・・常に持って行けませんから。
駅で楽器を背負っている人を見ると、何時も頭が下がります。

話は逸れましたが、今のように鍵盤の位置が上がってくると、奏法も変化し、私の奏法は鍵盤に触れる感じになりました。
私の細かい奏法については、別の記事で書きますが、私は他のキーボディストと比べると、かなり変わっていると思いますが、それは独学で学んで来たからだと思っています。

しかし、独学で学んできたからこそ教えられる近道が、私には沢山あります。
一緒に上達しましょう!!

Liquid Wave Keyboard Lessonレッスン詳細
http://trinityairblue.seesaa.net/article/430836433.html



この記事へのコメント