この曲のアレンジャー、超嫌いです(笑)。

随分前にセッションでやったんだけど、去年、その時に書いたコード譜を見て弾いてみたら、超間違ってて倒れそうになった曲。



曲も好きだけど、アレンジが最高なんですよね。
この曲のアレンジャー、超嫌いです(笑)。

実の所、アレンジはLarry Williamsなんですけど、このクラスのアレンジが簡単に出来ない自分がとても嫌になります。
別にJohn Robinsonじゃなくても良いのだろうけど、上手い事ハマって、聴いた当時はとても驚きましたね。

まあ、本当にメンツが素晴らしい。

Bass – Abraham Laboriel
Drums – John Robinson
Guitar – Oscar Castro-Neves, Toninho Horta, Djavan
Percussion – Paulinho Da Costa
Soloist, Tenor Saxophone – Stan Getz
Synthesizer – Larry Williams
Vocals– Djavan

時間があったら、これのコードは取り直さなくては。

https://www.youtube.com/watch?v=z4fj9OrF_Sk