Trinity AirBlue関連リンク集。

Trinity AirBlue Web
YouTube Channel
Soundcloud
Reverbnation

Gravitation 菊地成孔, 角田謙一郎 / i-tunes store (JPN)
七田眞著 「超右脳 語りかけ英語トレーニング」
audiostock

キーボードワークショップ In Madeira
Kasame Music School



AriBlue Web / Web Store
Smooth Jazz EU
AirBlue Official Web Site
AirBlue Facebook

AirBlue / i-tunes store (JPN)
AirBlue / i-tunes store (USA)
AirBlue / Amazon (JPN)
AirBlue / Amazon (USA)
AirBlue / Amazon (UK)
AirBlue / Amazon (France)



I'm Afraid Of Americans

去年の12/18の時にライブでやりましたが、今回は更に音を足したVersionを公開してみます。



基本的にはRockですが、シンセサイザーを数多く使う事で、UK寄りの音作りになってるんじゃないかな。
ドラミングはあんまり良い演奏が出来なかったので、仮Trackのままです。

Vocalは3Track、Vocoderも3Trackでかなり多めに重ねてみました。

Nine Inch Nailsとか色んな人の聴いたけど、これと言うのが無かったので、最終的には自分の思いついた音を、どんどん重ねています。
楽器類は全てVSTで、ハーウェアはMS-2000BのVocoderのみを使用しました。

KeyをFにした、YMOのDay Tripperのリフからソロへ行く所が、上手く繋がって良かったかな。

ライブ版もありますので、良かったらそちらも聴いてみて下さい。

posted by Trinity AirBlue at 01:06Comment(0)Production

この曲のアレンジャー、超嫌いです(笑)。

随分前にセッションでやったんだけど、去年、その時に書いたコード譜を見て弾いてみたら、超間違ってて倒れそうになった曲。



曲も好きだけど、アレンジが最高なんですよね。
この曲のアレンジャー、超嫌いです(笑)。

実の所、アレンジはLarry Williamsなんですけど、このクラスのアレンジが簡単に出来ない自分がとても嫌になります。
別にJohn Robinsonじゃなくても良いのだろうけど、上手い事ハマって、聴いた当時はとても驚きましたね。

まあ、本当にメンツが素晴らしい。

Bass – Abraham Laboriel
Drums – John Robinson
Guitar – Oscar Castro-Neves, Toninho Horta, Djavan
Percussion – Paulinho Da Costa
Soloist, Tenor Saxophone – Stan Getz
Synthesizer – Larry Williams
Vocals– Djavan

時間があったら、これのコードは取り直さなくては。

https://www.youtube.com/watch?v=z4fj9OrF_Sk